2006年02月19日

同窓会

というか週末にかけて、会社のファイル鯖が機械故障でエライことになり三日ぐらいIDCで過すハメに。
結局、同窓会当日までながびきやがって、一次会に参加できず。ダッシュで東京駅に向い高速バスに乗り、二次会からの参加になりました。
ハタチの時の同窓会以来で、なつかしい顔触れが並ぶ。クタクタだったけど楽しく酒が飲めますた。同窓会ってイイネ!(゚∀゚ ) 同窓会は中学校のものだったのだが、オレがいった小学校と中学は、一学年160人くらいがまんま同じ中学に上るんで、9年間、幼稚園も含めると11年間一緒にすごしたやつらなわけで。今となっちゃ名前が思いだせない人がチラホラだけどさ。いろんなヤツがいたもんだ。
だいたい最初の会話は今なにやってんの?ってのがおおくて、IT関係で働いてます、っていったら、"何?リナックス?オレ、サンね、サン。大学でかじったんだよね。リナックス何つかってんの?"とか言うやついて、"ディストリビューションのことか?"と聞いたら、"ああ、ディストリビューションね。聞いたことあるヨ" とかさ(ワロス
三次会は、例のごとくカラオケだった。何人いたんだろ。でかい部屋にはいりきらないくらいいて、歌い出しがアレだったけどみんなでガッツリもりあがったはず。エンモタケナワに終了し、ひっそり幹事同士の四次会に"同窓会ブログ担当"として参加させてもらう。当日とまっちゃったけどね(苦笑 どうにもこうにも、疲れていてあんま話ができなかったが、最後まで飲みきって実家へ帰宅。鍵をもっていたので、何にも連絡してなかったのだが、3時くらいに勝手にあがりこむ。ガサガサやってたら、両親が泥棒と勘違いしたらしく。仕事の進捗確認のため、軽くメールと鯖をチェック。フロにはいって、朝メシつくってもらって6時就寝。

お疲れ様でスタ


posted by とおな at 16:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

マイノーパソ、X31修理

アキバ寄ったついでにワカマツでACアダプタを買い、ヤフオクで液晶パネル購入して修理した。
それぞれ6,000、19,000で、25,000エソ。つーのもお目あてのX60タブレットが近いうちに発売されそうもないので… 新規購入考えるとそれなりの出費なわけで、ノミノミで無駄金つかってる身にとってみるとツライ。やはり、こんだけの出費で快適になるなら良いと判断。ノーパソについてはタブレットの他にMacも気になってんだよな。マック。イソテルcore版ってのも引かれるが、EFIとかSATAハードディスクとかさー。
で、修理なんだが、業者に頼むと工賃+部品代あわせてけっこうなお値段するだけあって、けっこうしびれた。Thinkpadは機械の図面があるってのだけで、オレみたいなユーザーにとってありがたいんだが、やはり図面だけではわからないトコもある。特にハメコミな部位とか、実はノリ付けされてるとか、あやうく壊しそうになったりでウザイ。
シビレルポイントとしては画面の前面についてるガワ。これが激しくとりにくいのと、WLANのアンテナの取付けだった。前者はLED部分に糊付けしてある、ハメコミ部分にも若干糊付けしてそうな雰囲気ありといったところか。あとは薄いので割れやすいところ。コツとしては細いドライバつっこんでペリペリ糊をはがしたら、上下左右にずらしてバキバキとっていくといったと感じか。後者は左右にあるWLANのアンテナ(白/黒)がどっちだかわすれちゃったのと、取付け時にキレイにしまっておかないとガワがピッタリハマらない。白黒のアンテナが実際のとりつけと図面とでなぜか逆なんだよね。液晶の側を表として左が白、右が黒。こんなの慣れてねーし、ポイント毎に全部写真とっておいたほうが無難ですな。
余談だけど、液晶が故障したときどこをとりかえれば良いかってのは、調べてみると三つで、LCD(液晶本体)とLED(バックライト)、インバーターってのみたい。寿命で見て一番ぶっこわれやすいのは、インバーターで、次にLCD、LEDな順番なのかな。LEDはおもってたより寿命が長いらしい。
オレの液晶はLCDの最下部に明るい帯?というか表示不可能な部分が横全部、縦数ミリほどあった。さほど気にならないと感じるかもしれないけど、ターミナルをフルスクリーンにした場合とかscreenのhardstatusが半分切れやがってウザイんだなこれが。で、LCDの故障かとおもいヤフオクでLCDパネルかってみたら、LED同梱なのね。ついでにインバーターもついてたので、どこがぶっこわれてたのかわからず終い。別にいいや。

つーか、ヤフオクっておもしろいよね。ヤフープレミアム有料化前にやったっきりだったから、かなり久々な利用だった。カード無いので同僚のアカウントでやってもらったけど…。落札するときの値段つりあげはエキサイティング。時間が5分延長される仕様とか知りませんでした。一端落札しちゃった後の興醒感はアレかな…
posted by とおな at 06:41| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

CentOS4 / megaraid

うごかねーんだな。これが。結局のところ↓のDELL配布モジュールインスコしたら動いたんだけどさ…
Support.Jp.Dell.Com - ファイルライブラリ
これにハマって朝まで作業。コシいたいです。動かないというか動くんだよね。標準カーネルのドライバで。だけど、init時のfsckになぜか失敗する。けど、init中、シケた直後に同パーティションをfsckとかマウントしてみると問題なくできちゃう。で、これまた謎なんだが、ext3とreiserfsはその問題が発生してxfsだと再現性なし。で、XFSはこんな問題がありーのだから採用できないし。
作業中ストレージ箱の電源OFFったらレイドぶっこわれてディスクのいくつかが赤ランプつくし、F田が声はりあげてマッサオになるし(ワラ オレもさすがにあせったが…
まぁ、それもこれもDELL配布ドライバで解決ですよ。F田がドライバ、ドライバって騒いでて、カンケーねーよっつって無視ってたんだけど、人の話は聞くもんだね。はぁ、くだらねぇ
ちなみにNFS/XFSの組合せだけど、CentOSのカーネルについてるmegaraidが原因と考えられるかもしれないが、そうでもなさそげ。他の鯖でも同様の現象あったので見てみたら、CentOS4+NFS/XFS で aacraid つかってるみたいなので。いや、このドライバがちゃんと動いてなかったオチもあるけど… ウチのサービスの鯖のCentOS4+XFS/NFSな稼働中鯖の現象からすると利用方法によって安定するみたいなので、アプリケーション側の実装をもうちっと調べてみっかな。そんなこんなで今回はext3で組んでみたが、やだな。ext3。なんとなく。ダサイよね。

そして皆様おつかれ様でした=3
posted by とおな at 08:09| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。