2005年09月15日

開発鯖いれかえ

OSはRH9 から CentOS4.1 へ。
最近だと、ローカルに仮想マシソをつくって開発鯖にするのが流行りっぽいが自分のマシンだとメモリが足りないので断念。よって、セルロンで動いてるRH9をずっとつかっていたのだが、遅いのと不安定なので、ついにリプレース。
新開発鯖はオレがクライアント機につかってるのとおなじDELLのPowerEdge800。このマシン買うときに、PentiumDなんつー選択肢もあったんだけど、不安定っぽいのでヤメ。かといってXeonは高いので、Pentium4 の 3.4Ghz 。十分早いね。メモリは旧鯖の搭載量を参考に2Gとした。RAIDがオンボードでのっかってるっていうのもポイントだったのだが、なんとLinuxでうごかねーとかいわれて、3wareのRAIDカードを別途通販で購入。要はハードウェアRAIDじゃないってことなんだが、これはちょっとヤラレタ。
CentOS4.1 はつまるところRHEL4のクローン版なんだけど、RH9からの移行はわりかしスムーズにいった。とりあえず、ピーコ、ぴーこしてって、バイナリがエラったとこは再インスコ。LinuxのKernelもやっとこさ、2.6系になりました。

快適(´∀` )


posted by とおな at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。